学生ものつくりサークル交流会2020報告ルポ


毎年秋深い東工大での実施している ものつくりサークルの学生さんとの交流会を今年はZoomによるオンライン形式で開催しました。
OBや親子で参加していただいた皆様には自宅のPCから参加していただいて、コロナ禍で活動に制限を受ける中で再開しつつある青春の熱い思いに触れることができました。


● 活動報告した学生の皆さん








 Maqunisita 浅香さん                                         アクア研 早田さん








               
CREATE 大坪さん                             MEISTER 山口さん

オンライン交流会に参加された皆さん







            親子でat homeに                     南の島から

活動報告
●Maquinista ロボット技術研究会

Maquinistaとは東工大公認のものづくりサークルであるロボット技術研究会の中でNHK学生ロボコンに出場するチームで、約30名程のメンバーがいます。2017年には優勝し、アジア大会でベスト4になりました。
ロボット技術研究会にはMaquinistaの他にROBO-ONE(格闘ロボット)に出場するACT、水中ロボコンに出場するアクア研、マイクロマウスのCheeseがあります。
今年はコロナ禍で例年どおりのNHKロボコンは中止になりましたが、ラグビーをテーマとした「オンライン!学ロボFESTIVAL」が開催されMaquinista初の特別賞(トヨタ賞)を受賞しました。


「オンライン!学ロボFESTIVAL」について
学ロボFESTIVAL













   

      活動の場
     ものづくり教育支援センタ











活動の場 ロボット研究会部会              2019年NHKロボコンの様子










NHK学生ロボコン2020ルール           秘密のトレーニングルーム
テーマは「ラグビー」
ロボットがボールをパス・トライ・キックする













パスとキック担当ロボット 
                               ラグビーボールをパスした瞬間












   ラグビーボールをキックした瞬間

秘密のキック機構











      
トライと段差飛び越え担当ロボット       ラグビーボールをトライした瞬間









       
ギア比、重量、横滑りを改良した         トライ時間を短縮するフェンス飛越作戦
秘密のステアリング機構                
       
                       フェンスを跳び越す瞬間

大会ルールによりフェンスを飛び越える作戦は認可されませんでした。


●アクア研 ロボット技術研究会
アクア研はロボット技術研究会の中で流体を扱うチームで、毎年夏に行われる水中ロボコンをターゲットにしている。
ソナーや水中モータ、機械学習を用いた水中撮影画像の鮮明化、自己位置推定(SLAM),ソナーアルゴリズムなどの基礎開発をする人もいる。
水中ロボコン用の機体はREALSENSEにより画像と深度情報を得ており、完全自律で動く。











  ロボコン用水中ロボット















   基礎開発(二重反転スラスタ、
     ロボットアーム、バラスト)



追浜のJAMSTEC(海洋研究開発機構)で
毎年8月に水中ロボットコンペンションが
開催される












 制御

 
    JETSONREALSENSE を 
   
ROSで動かす。 

基礎開発(機械学習を用いた水中撮影画像の    
鮮明化復元、自己位置推定SLAM              

     
    

 







iwatobi
水中で長時間運用する際、バッテリの
交換が難しので、運動エネルギーを
保存するパワーモジュールを交換する。


                                                                 
水中を移動する水中ロボットの様子

●CREATE ロケットサークル

CREATEとはChallengers of Rocket Engineering and Avionics at Tokyo Techの頭文字で、ハイブリッドロケットの設計、製作、打上げ、回収を行います。ハイブリッドロケットエンジンは液体酸化剤(N2O)と固体燃料(ABS,PE,PP)のハイブリッドであり、安全で高性能です。できる限り自分たちで作り、設計から運用までの安全管理に重点を置いていいます。














CREATE=Challengers of Rocket Engineering and Avionics at  Tokyo Tech.










ハイブリッドロケットエンジン                       
未来の宇宙産業をになうCREATEの皆さん
軽量機体、安全管理、自作主義                                










 
 1年間の活動資金は」00
万円を超える












                                 
                             
                        
パラシュート放出等の制御、飛行データや燃焼データの取得












2
段目発射の為のリアルタイム姿勢推定














                                      打ち上げは年に2,3回(伊豆大島、能代)
                                      燃焼実験(すずかけ台キャンパス、御宿)


●Meister ものづくりサークル

MEISTREは鳥人間コンテストに出場して優勝を目指すものつくり系サークル。鳥人間コンテストは人力飛行機で60kmの距離を完走する大会。22回出場して優勝5回。
機体はほとんど手作りで性能は大学の中でも最高峰。パイロットも部員から。



 機体コンセプト
 桁はかんざし接合
 エルロンを付け性能を向上
 琵琶湖の風に耐える!



















                                         鳥人間コンテスト全長60km完全制覇が目標











今年はコロナ禍で9月から活動開始










駆動部は一人で製作
                                             プロベラは設計者不在


● 熱心に質問されたOBの皆さん









 
壁にはバイオリン                                                       壁には南の島
 
壁には思い出

イベントの詳細なご案内は、1~2か月前にメールと白星会ホームページでお知らせします。


☆支援方法
どのサークルも慢性金欠病!
会員の皆さんの温かいご支援をお願いいたします。
寄付の方法は以下白星会ホームページをご覧ください。
東工大基金室の寄付システムを活用しています。
サークル名の指定が必須! 
指定しないとお金は大学の先生方が使ってくれますが・・・

  
サークルへの寄付の方法解説ページ

☆白星会「会員情報データベース」への会員情報登録のお願い
(注意:一般の方の登録は,必要ございません)
 白星会行事に参加される会員の方は,事前に「会員情報データベース」への
会員情報の登録が必要です。登録がお済でない方(登録の有無を忘れた方)は,
白星会ホームページより登録(再登録)の上,お申込みください。
会員情報登録:https://www.kuramae.ne.jp/topics_detail49/id=3031







文責 白星会文化教養部会

OB・OGと学生サークルの交流会Index