Wold Robot Summit に東工大ロ技研が出場  みんなで応援に行こう

Word Robot Summit(WRS)
主催 経済産業省・NEDO・産総研 他研究機関
東工大ものつくりサークル「
ロボット技術研究会」が出場!

   
 WRSホームページ 

開催期間 2018年
10月17日(水)~21日(日)
場所 東京ビックサイト 6・7・8ホール
入場料金 無料  事前登録がおすすめ
     入場パスと引き換えた後は5日間入退場自由

海外からも多数のロボが参加
コンビニ店員からプラント事故やトンネル事故の災害救助などなど、多種多様なテーマにチャレンジします。
賞金総額は、なんと1億円超!(詳細は以下産経新聞記事を)
   
産経新聞9/16記事

☆☆ロ技研参加イベント☆☆

トンネル事故対応・復旧チャレンジ
日程  10/17(水) 予選
    10/18(木) 予選
    10/19(金) 準決勝1
    10/20(土) 準決勝2・エキシビジョン・決勝1
    10/22(日) 決勝2・エキシビジョン

東工大-ロ技研は「
Rogiken]の名前で参加しています。
登場日時はまだ決まっていません。
分かり次第、当ホームページでお知らせします。


今回のイベントは5日間の長丁場なので、白星会の応援隊は組織しません。
勝手連スタイルで、適宜お友達とお誘いあわせてお越しください。

☆トンネル事故対応・復旧チャレンジの概要☆
トンネル内で事故った車の消火や負傷者の救助などの6つのミッションを、制限時間内にクリアするとポイントGet! すべてバーチャル空間で行われます。


・タスク1 10min 障害の走破
  トンネル内の障害物を乗り越えて、
  救助する自動車に近づく。


・タスク2 15min 車両調査
  車の内外を調査し、負傷者を探す。



・タスク3 20min
  道具を使って車両内を調べ、
  負傷者を救助。


・タスク4 15min 経路の確保
  障害物を押したり引きぬきどけなが
  ら、負傷者の搬出ルートを確保。


・タスク5 15min 消火作業
  燃えている車両の火を消す。
  ノズルを消火ホースにつないだり、
  放水の反力に飛ばされないように
  ロボットがふんばる。

・タスク6 15min ショアリング、ブリーチング
  がれきの下に埋まっている車から負傷者を救い出すミッション。


他にも以下のような各種チャレンジが行われます。
A.ものづくりカテゴリー 
 製品組立チャレンジ
 
WRSものつくりのページ

B.インフラ・災害対応カテゴリー

 プラント災害予防チャレンジ
 トンネル事故災害対応・復旧チャレンジ
 災害対応標準性能評価チャレンジ
 
WRSインフラ災害対応のページ

C.サービスカテゴリー
 
 パートナーロボットチャレンジ
 (リアルスペース)
 (バーチャルスペース)
 フューチャーコンビニエンスストアチャレンジ
 
WRSサービスのページ

D.ジュニアカテゴリー

 スクールロボットチャレンジ
 ホームロボットチャレンジ
 
WRSジュニアのページ

また企業や産総研など研究機関の展示会も一緒に開かれています。
・World Robot Expo 2018(展示会)
 
WRS出展企業

・WRS2018 ステージプログラム/体験・実演企画
 
WRSステージ・体験・実演のページ



☆☆事前登録
事前登録は以下のWRSホームページから
WRS 事前登録のページ
並行して開催される「Japan Robot Week]「洗浄総合展」他との共通入場券です。
☆登録の流れ
1.氏名ほか必要事項記入⇒登録ボタンを押す
2.メールが届く⇒メール中のWRSマイページにアクセス
3.入場券PDFを印刷

  画面に表示されるPDFには氏名などの文字が表示されないことがありますが、
  印刷すると表示されているのでご安心を。

※登録後もマイページで登録内容の変更が可能です。
 (講演会などの追加申し込みなどの変更ができます。)


みなさん 応援よろしくお願いいたします。

OB・OGと学生サークルの交流会Index