会のご紹介

蔵前経営者懇話会とは

 蔵前経営者懇話会は、蔵前工業会会員で、産業界、政界、教育界等、各界の第一線で活躍中又は活躍していた人達、および、経営を志す人達を会員として、企業経営のための新知識の研鑽、情報交換ならびに人間交流を通じての親睦を図り、産業、経済、科学・技術、文化等の発展向上に寄与することを目的とした「蔵前の経済倶楽部」というべき存在です。
 その由来は、昭和26年2月に創立された「蔵前金曜会」です。その58年間にわたる活動を引き継ぎ、平成21年5月に、(一社)蔵前工業會の組織として発展的に改組設立されたのが「蔵前経営者懇話会」です。

りになる・為になる・楽しめる 懇話会

 

  蔵前経営者懇話会は、国内外の産官学組織でリーダーとして活躍してきた先輩たちと
次世代のリーダーを目指す後輩たちが、母校である東京工業大学との連携を深めると共に、
互いのネットワークを強化することを目的としています。

  当会は次の運営方針の下に、 「 頼りになる・為になる・楽しめる会」として、会員相互の研鑽と社会への
 貢献を図る活動を続けています。
 
  ① 幅広い人材が参画したくなる、参加しやすい事業計画と運営を行う
  ② 次代の経営を担う人材の育成・指導・相談を行いそのために必要なネットワークを構築する
  ③ 会員の意向をよく吸収する
  ④ 東京工業大学・(一社)蔵前工業會の活動との連携強化を図る
  ⑤ 産官学界への提言を通して社会に広く貢献する
 
 東京工業大学は、「世界でトップ10以内の総合理工系大学」を目標に、現在大学改革を強力に推進していますが、その柱の一つである社会貢献・産官学連携の面で、当会も多くの貢献をしたいと思っています。
 皆様におかれましては、是非とも当会へご参加頂き、運営にご支援とご協力を頂きたく、よろしくお願い申し上げます。
蔵前経営者懇話会 代表幹事
井 戸 清 人