第39回蔵前科学技術セミナー 2018年10月20日(土)

  一般社団法人蔵前工業会は国立大学法人東京工業大学との共催により、時宜に適した技術テーマを皆様と考える「蔵前科学技術セミナー」を、年2回開催しています。
 今回のテーマは、「今、原子力研究が目指すものは何か」です。核分裂発見から80年、福島第一原発事故から7年が経過しています。事故現場の状況と今後の見通し、大学の研究機関が目指す先導的研究について、専門家から分かり易く解説していただきます。
開催案内のチラシのダウンロードは末尾
 日時:  2018年10月20日(土)  講演会 13:00-17:30(受付開始12:30) 交流会 17:50-19:20
 
 会場:  東工大蔵前会館1階 くらまえホール(講演会)、 ロイアルブルーホール(交流会)
  (最寄り駅:東急目黒線・大井町線 大岡山駅 下車1分)
 
 プログラム:(各講演60分間、含質疑応答)
 
 講演1: 「東工大先導原子力研究所の歴史と現状(総論)」          
  東京工業大学 科学技術創成研究院 先導原子力研究所長教授
竹下 健二 氏(S56化工 58修原 62博)
 
 講演要旨:後日掲載
   
 講演2: 「福島第一原子力発電所事故は何を遺したのか」
  日本原子力発電(株)フェロー
吉澤 厚文 氏(S56機物 58修原)
 
  講演要旨:後日掲載
   
 講演3: 「革新的原子力システム研究が開く原子力の未来」
  東京工業大学科学技術創成研究院 先導原子力研究所教授
小原 徹 氏(S60物理 62修原)
 
  講演要旨:後日掲載
   
 講演4: 「革新的研究推進プログラムImPACT」
- 核変換による高レベル放射性廃棄物の大幅な低減・資源化 -
  科学技術振興機構 (内閣府ImPACTプログラムマネージャー)
藤田 玲子 氏(S54修電子化 57博)
 
 講演要旨:後日掲載
 
参加費: 講演会 無料   交流会 3,000円(学生・生徒は無料)
申 込:   下のボックスをクリックして、申込フォームに必要事項を記入の上申込みください。
 科学技術セミナー申込
      申込みは、10月16日(火)までにお願いいたします。
      申込受付が完了すると、「受け付けました」という自動返信メールが返ります。

申込キャンセルはメールアドレスguide@krpe.netにお願いいたします。