蔵前技術士会第198回例会・講演会 2023年2月18日(土)

蔵前技術士会では、次の通り例会・講演会を開催いたします。

講演1では機械・システム工学的手法を基軸に医学・情報学的手法を融合させることにより、人間の構造・運動・感覚・感性を計測してモデル化するデジタル・ヒューマンに関する研究のご紹介をいただきます。
講演2では、明治初期に工部省が設立した工部大学校の初代校長として来日し、日本における工学教育の礎を築いたHenry Dyerのご紹介をしていただきます。

多数の皆様のご参加をお待ちいたします。


日 時:2023年2月18日(土) 15:30~17:30
会 場:東工大蔵前会館・ロイアルブルーホールまたはZoomによるオンライン会議システム
    いずれかを参加者が選択可能です。
  (注)状況によってはオンラン開催のみとなる可能性があります。
講 演:
1.「実環境人間特性計測とデジタル・フィジカルヒューマンツインを活用した傷害予防医工学研究」
     東京工業大学 工学院システム制御系 准教授 宮﨑祐介氏 (H13機科15修情環18博)
【講演要旨】
子どもから高齢者に至る各世代において、日々の生活で発生する傷害を予防することが、人々の健康で幸せな生活を実現する上での最低要件である。傷害を予防するためには、短期的には、傷害の端緒を早期発見することによる介入、中期的には傷害メカニズムの解明と防護デバイスの開発が求められる。そこで、本研究室では、アンビエントセンサによる実生活環境下を想定した人間の力学特性計測と、人体のデジタル・フィジカルツインを活用した実現象再現に基づく傷害予防医工学研究を実施している。本講演では、本コンセプトに基づく研究の具体例として、特に交通事故・日常生活空間・スポーツにおける頭部外傷研究等について紹介する。

2.「日本の工学教育の生みの親 Henry Dyer」
     東京工業大学名誉教授 日本文理大学特任教授 宇治橋貞幸氏 (S44機46修57博)
【講演要旨】
明治初期に工部省が設立した工部大学校(現在の東京大学工学部)の初代校長として来日したスコットランド人Henry Dyerは、日本における工学教育の礎を築いた。この大学校のカリキュラムはその後の日本の工学教育に多大な影響を与えるとともに卒業した若きエンジニア達は日本の近代化に大きな貢献をすることとなった。

参加費:1000円(蔵前工業会正会員と東工大生は無料)
申 込:下記をクリックして必要事項を入力してください。申込は2023年2月15日(水)までにお願いいたします。
参加申込
 

・ 開催日直前に会議案内(Zoomミーティングへ参加するための情報)を電子メールで送付します。
・ 参加者区分が「蔵前工業会登録会員」「その他」の方は参加費のお支払いが必要ですので、申込フォームではお支払方法も選択してください。
 「蔵前工業会登録会員」とは同窓生で蔵前工業会の会費が未納の方です。 →会員・会費|蔵前工業会
 (1)オンラインクレジットの場合
  請求書(Square)を電子メールで送付します。同メール内の「カードで支払う」を
  クリックするとクレジットカード情報の入力画面になりますので、お支払いをお願いします。
  手数料は当会が負担いたします。
 (2)銀行口座振込選択の場合
  振込先の銀行口座(三菱UFJ)を電子メールでお知らせしますので、お振込みをお願いします。
  振込手数料は申込者にご負担いただきます。

・お問合せ/申込み後のキャンセルは、こちらからお願いいたします。