平成25年度 白星会(機械系同窓会)総会報告

サブタイトル
~総会で意見交換を~
概要
去る5月26日(日)、平成25年度白星会総会が、東工大デジタル多目的ホール(大岡山)で開催された。昨年より、東工大ホームカミングデーとの併催となり、大学主催の特別講演会・全学合同交流会の間に時間を設定し行われた。議事の内容は下記の通り。

(1)平成24年度活動報告:長嶋会長、各部会長

 3部会の活動は、大変闊達で、会員親睦行事の開催、学生支援でも多くの成果を出しているとの報告があった。文化教養部会からは、講演会・見学会、学生交流会(マイスター・ロボット技術研究会等)の報告があった。学内支援部会からは、83社参加の先端技術フォーラム、就職相談会、企業研究会、機械系教員と連携した学生支援活動等の報告があった。総務部会からは、会員名簿システム構築活動の報告があった。また、奨学金受賞者の謝辞の代読があった。

(2)会則改定:藤田総務部会長

 総会のホームカミングデーとの併催に伴い総会開催を一ヶ月早め、会期を4月1日~3月31日に変更することが提案され承認された。決算報告では、繰越金額適正化がほぼなされたとの報告があった。

(3)平成25年度活動計画:井上新会長

 新会長からは、会員名簿・連絡網の整備への取組み、年代を超えた会員相互の親睦の活性化、学生支援活動の継続等の活動計画の説明があった。総会参加者からは、活動に関連した質問や意見が多数出され、予算・新体制が承認された。

総会参加者:82名(含委任状提出者) 

 白星会主催で、会場入り口ホールに、ものづくりサークル(マイスター、ロボット技術研究会、サイエンステクノ)が大集合し、大盛況の中で展示と現役サークル部員との交流が行われた。今年度も白星会活動への皆様のご理解と、各種行事への積極的ご参加をお待ちしています。

文責 白星会総務部会長


2013-1-800x400.jpg

西9号館デジタル多目的ホールにて