関西蔵前講演会

日 時:2020年4月18日(土)
    講演会13:00~17:00
    懇親会17:30~19:00

会 場: 中央電気倶楽部 5階ホール(大阪市北区堂島浜2-1-25)

講演会テーマ:「 地球環境,気候変動を次世代のために考えよう!」

講演1「 気候変動に関する情報を多方面から見て考えよう」
講 師: 竹内敬三氏(S47化工,E&Eリサーチ(株)代表取締役社長,蔵前工業会 理事)
概 要: 環境問題を論じるとき,科学的アプローチがないがしろになり,感情的・感覚的になりが
ちです。半世紀前には,ローマクラブの「成長の限界」で,“このままの繁栄を続けると,
この30年で資源は枯渇する”と扇情的に報道されていました。1960年代では,“氷河期に
向かっている地球,大変な災害に見舞われる”と報道されていました。人為的地球温暖化が
叫ばれて30年余りが経ちました。過去の環境問題の報道と比較し,情報リテラシーの重要性を再認識します。

講演2「 地球環境との調和をめざすバイオプラスチック:研究開発のこれまで,そしてこれから」
講 師: 土肥義治氏(S44応化46修化工,東工大名誉教授,理化学研究所名誉研究員)
概 要: 生分解性プラスチックの研究開発は,1990年頃から世界各国で始まった。また,再生可
能なバイオマスからプラスチックを造る研究は,2000年頃から活発化した。海洋汚染防
止や低炭素社会構築のために,社会が海洋にて生分解するバイオプラスチックを必要とし
始めた。本講演では,地球環境との調和を目指すバイオプラスチックに関する研究開発の現状と課題を紹介したい。

* 講演に先立ち,「東工大の近況について」大学からご説明いただきます。

懇親会: 中央電気倶楽部内の食堂
会 費: 当日5,000円程度の会費を頂戴します。(若年会員,蔵前カード保持者の割引あり)

<申込先> メールアドレス kanicent★pearl.ocn.ne.jp 宛に名前,博・修・学の別,卒年,勤務先(現または元),
講演会・懇親会の出欠をご入力頂き,4月10日までに送信をお願いします。 ★を@に変えてください