関西蔵前懇話会

日 時:9月12日(木) 18:30~20:30

場 所:蔵前工業会西日本センター
    (地下鉄四ツ橋線本町駅より徒歩1分)

会 費: 500円(軽食を用意) 
蔵前カード提示者400円

出席申込: 9月8日(日)までに西日本センター(kanicent(at)pearl.ocn.ne.jp)まで ※(at)を@に変えてください

話題提供1: 琉球王国について
比嘉道夫 (S47機) 元 日本IBM
 室町時代の頃,奄美諸島,沖縄諸島,先島諸島を統治する琉球王国がありました。日本,朝鮮,中国,東
南アジア諸国と交易し繁栄していました。江戸時代初期の島津侵入により王国は傀儡政権となりましたが,
明治初期の廃藩置県,琉球処分まで王国は存続します。王国成立の経緯,交易の繁栄と衰退の理由,島津侵入
後の王国の形態について,私の解釈も交えてお話しいたします。

話題提供2: パキスタンでの業務経験紹介とその当時のお国柄について
      鬼頭良徳(S36機)桂紙業/元日立造船
 それまでに経験したことのない機種の担当としてパキスタンに出張して一人でメンテナンスを担当したこ
とを簡単に述べます。それまでは自動車用プレスや船舶用ディーゼルエンジンの製作を担当していたが,こ
こでは鉄の構造物を扱う仕事である。なお,仕事の片付けとして税務処理など事務的な仕事も片付けなけれ
ばならず,国民性や宗教の違いなどを考えると困難な仕事であった。当時の社会情勢も含めて一考しようと
思う。