Kuramae     Gourmet      Report
学生分科会による大岡山飲食店レポート



第9回 「Mihane natural & vege」―オーガニックカフェ

今皆さん、こんにちは。蔵前学生分科会17代の飯島快斗と申します。初めての食レポですが、皆さんにお店の魅力が伝わるように書きたいと思います。 さて今回紹介していくのは大岡山駅の近くにあるMihane natural & vege(ナチュラルアンチュベジ)です。ナチュラルアンチュベジ、なんだか早口言葉みたいな名前ですが、当店は大岡山駅を出て目の前の信号を渡り、右をそのまままっすぐ歩いた先の住宅街の中にあります。2011年に開業して以来6年が経ち、東工大生はもちろん近所の方々に人気のお店です。

主にアイスを販売しているお店ですが、お昼にはランチを食べることもできます。このお店のこだわりは自然食であること!全く動物性のものを使ってないのでとっても健康的です。他の店にはない独特な味を楽しむことができます。

 さて今回、我々が取材に行った際にいただいたのは、この店お勧めのカレーライスとミハネアイスです。最初にサイドメニューのサラダをいただいたのですが、サラダにおいてでもこの店ならではのこだわりを見せていました。サラダにかかっているドレッシングですが、このドレッシングには油を一切使わず、にんじんや玉ねぎ、じゃがいもやみそ、ニンニクを主に使っているそうです。味も独特でニンニクの香りがしていましたが酸味が効いてさっぱりしていました。細部まで気を使っていました。

さて肝心のカレーですが見た目はご覧の通りいたって普通のカレー。少し赤みがかっていますが、香りはカレーの香りでした。もちろん、野菜を使用している健康的なカレーですが気になるのは当然そのお味。最初野菜カレーと聞き、レポーターである我々は「まろやかですね。いや食べやすい!」なんて発言を用意していたのですが、実際はいい意味で期待を裏切られスパイシーで少し酸っぱさが効いた味でした。聞くところによると色の通りトマトを使用しているとのこと。トマトのカレー。皆さんもあまり口にしたことがないのではないでしょうか。普通のカレーの辛さとは少し違う、辛いのが苦手な人にも食べやすい爽やかな辛さとなっておりました。

 またこのお店、じっくり味わうとこの店ならではのこだわりが別に発見できました。他のカレーと違うところが他にもあるなと思ったらなんと、米が普通の米と違っていたんです。普通の米と比べてモチモチしていて粘りがありました。発芽玄米と酵素玄米を使用しているとのことです。この店ならではの味でした。
 最後にこの店が一番力を入れているアイスを試食してみました。 今回は一番オーソドックスなオーガニックアイスを注文いたしました。見た目は普通のバニラアイスですが、実は牛乳や卵、卵、砂糖は一切使っていません。大豆や豆乳、玄米ミルクを使用し、臭いを消すために芳醇な香りのするバニラビーンズをたっぷり加えています。食物アレルギーをお持ちの方、糖分を気にしている人も安心して食べることができます。さてこちらも気になるのが味ですが、バニラとは思えない大人の味でした。サクサクしており優しい柔らかい味ですが、後から豆っぽいあっさりした不思議な感触が残ります。ちなみに店長のオススメのアイスはショコラのようです。そちらも次来た時は是非食べてみたいです。

さてここまでこの店の料理を紹介していきましたが、百聞は一味にしかずです!もしかすると同じ料理でも違った感想を抱くかもしれません。ただし味は保証します。健康を一番に考え、食材に関してとことんこだわり抜いたMihane natural & vegeに、大岡山に用事ができた時は是非お越しください。最後まで読んでいただきありがとうございました。