Kuramae     Gourmet      Report
学生分科会による大岡山飲食店レポート



第6回 「花時計」―洋食屋

今回紹介するのは「花時計」という喫茶店です。大岡山駅から徒歩3分で着きます。昔ながらのおしゃれな喫茶店という感じで落ち着いて食事がとれます。
本日はおススメメニューだというハンバーグを頂きました。鉄板の上にのった状態で運ばれてきました。音がジュージューと音を立てていて食欲がそそられます。さらに目の前でデミグラスソースをかけてくれて音も大きくなり、香ばしい匂いが漂ってきました。この時点でこれは絶対美味しいと確信しました。実際食べてみるとアツアツの肉汁が出てきてジューシーでした。ごはんともよく合い、美味しかったです。
201706201322_1-300x0.jpg
このお店は平成元年からやっています。客層は東工大の学生や教員、そして地元の方々がメインとなっています。このお店は昼だけでなく夜も営業しています。このお店のおススメは定番のハンバーグ類と季節のメニューです。季節のメニューとして冬はカキフライや、ロールキャベツなどがあるそうです。店長には大岡山なら値段を高く出来ないという思いがあり、そのためランチは1000円以内に収まるようにしています。店長は「手作りで心をこめて作っています。家庭的な味を提供していきたい」と言っています。この言葉通りこのお店にはどこかほっとする空気が漂っています。(文責:新井)
201706201322_2-300x0.jpg201706201322_3-300x0.jpg