神奈川県

神奈川県支部案内

 (1) お知らせ   (2) 事業計画   (3) 蔵前ゼミ   (4) 支部案内

■ 平成29年度第5回(通算第66回)蔵前ゼミと交流会のご案内

蔵前工業会神奈川県支部は、第3四半期において東京工業大学イノベーション人材養成機構(IIDP)と共同で、
すずかけ台キャンパスで蔵前ゼミを開催します。
OB、OGの方も参加自由です、学生の皆さんとの授業およびその後の交流会にふるってご参加ください。

基本テーマ: 「将来を決める君のキャリアデザインは?」

開催日時:10月13日(金)15:05-16:35
講義室:   すずかけ台キャンパス J2棟3階J234講義室
講師:      佐藤年緒さん(1975社工卒) 科学ジャーナリスト、元 時事通信社

演題:    「疑問をもつこと、現場を見ること =科学ジャーナリズムの経験から=」

講演内容:報道記者として、また科学教育誌編集者として、科学技術と社会の間を見て、伝えてきた40年の経験から、
         いまでも大事だと考える視点をご紹介したい。
               他分野の学びを厭わない姿勢。分からないことがあることを知ること。分からないからこそ追究すべきテーマが見つかる。
               素朴な疑問を大事にする、知らないことを聞くことを恥じない。現場を見るーなどの若い人に伝えている私のモットー
               「科学記者の心得10か条」もご紹介したい。

パネルディスカッション: 「大学時代のこころざし(夢)をどう生かすか?」
                                    持ち続けたい大きい夢と好奇心。大学で学んだ教養と専門、研究者の人格。地域で学んだKJ法。
                                    就職後の学びと分野選択への迷い、転職。人生晩年になってでも続く現在の問いとテーマ。
                                    などについて、お話ができればと思います。

[ゼミ終了後の交流会のご案内]
               時間:17:00-19:00
               場所:大学会館3Fラウンジ
               賛助会費:1,000円
OB・OGの皆さんは、こちらにもぜひご参加ください。

蔵前工業会神奈川県支部事務局 事務局長 竹山 幸成
E-mail kanagawa@t-kuramae.sakura.ne.jp





■ 平成29年度第6回(通算第67回)蔵前ゼミと交流会のご案内

蔵前工業会神奈川県支部は、第3四半期において東京工業大学イノベーション人材養成機構(IIDP)と共同で、
すずかけ台キャンパスで蔵前ゼミを開催します。
OB、OGの方も参加自由です、学生の皆さんとの授業およびその後の交流会にふるってご参加ください。

基本テーマ: 「将来を決める君のキャリアデザインは?」

開催日時:11月10日(金)15:05-16:35
講義室:   すずかけ台キャンパス J2棟3階J234講義室
講師:      杢野純子さん(1984情科卒、MBA ワシントン大学)
      (株)円谷プロダクション マーケティング本部長 執行役員

演題:    「プロフェッショナルとして働く」

講演内容:日本においては、「就職」は会社への「入社」であるが、本来就職は職業に就くのであって、会社員になる、ということとは異なる。
               専門的な知識を持つみなさんは、「職業」としての意識を強く持って頂きたい(既にそうだとは思いますが改めて)。特に、修士、
               博士と学術的な専門性を追求されてきたみなさんの職業としては研究者、開発者がイメージしやすいと思うが、もっと広い職業を
               イメージして頂きたい。
                職業:ベンチャーキャピタリスト、データアナリスト、リサーチャー、コンサルタント、システムアーキテクト、ソフトウェアエンジニアなどなど。
                例えば、ソフトウェアエンジニアは、日本でのイメージはプログラマーだが、海外では全く異なる。新事業は新技術をベースに何かをファンダメンタル
                に変化させる、という中から立ち上がることが多いので、科学技術をどう応用するのか、組み合わせるのか、など事業デザインの中核でみなさんのよう
                な人材は活躍できる。起業家、というのもある意味職業であり、現在は大学から起業というのも増えている。アメリカではスタートアップをはじめ多く
                の企業で、CTO (Chief Technology Officer)というポジションは常識で、System Architect, Software Engineer はリスペクトの対象。彼らの多くは
                Ph D。
                自分をデザインする:職業人として生きていく中で、自分はどう働きたいのか、どう働けるのか?を考える。自分の全ての中で、職業をどう位置付ける
                か、ということ。
                頂いた、「女性として如何に公私のバランスを取れば良いか」については、この中で触れられればと思います。
                研究者の方は、全ての生活=職業というイメージが強いかもしれませんが、決してそうではありません。
                女性、というキーワードが問題になるのは、職業以外の部分(育児や家事)の自分の中での位置づけが大きくなる時です。
                ただし、本来、職業とそれ以外の部分をどう考えるのかという広い視点が「自分をデザインする」という観点では必要だと思います。
                 私自身が子育ての過程の中で、職業を変える、という選択をしました。その過程での論点もご紹介できればと思います。


パネルディスカッション:「自分が職業に求めるもの」

                  今まで(私の講演以外を含め)の講演の中で興味を持った職業は何か。
                  なりたいと思う職業はあるのか。なぜか。
                  課題提起
                    専門領域と実際のビジネスとは必ずしも一致しない場合が多い。
                    自分の学術的専門領域にこだわり続けるのもひとつ。
                    一方、専門課程を通じて培う素養としての分析・解析力、未知の分野を理解する力、論理的思考は、現在の全ての職業において重要な要素であり、
                    それをベースに全く違う分野での職業に挑戦することも可能。
                    職業は選ぶというよりは、目指すという意識。目指したいものが存在しない、という時のメンタルバリアはないのか?
                    あえての課題提起として、みなさんの中に「研究者の方がより優位な職業である」という意識がないか、を問いたい。
                    学術の外に職業を求める時、それは「一段落ちる」という意識はないのか?その意識の中ではなかなか「目指したい」という職業は見えてこない
                    のではないのか?
                    導入では、私の経歴をご説明します。経験や事例については、講演の中で具体的にご説明していく予定でいます。
                   「グローバル世界で如何に生きるべきか」については、海外留学や、外資系企業での経験、パネルディスカッションの中で触れていければと
                    思います。

[ゼミ終了後の交流会のご案内]
               時間:17:00-19:00
               場所:すずかけ台キャンパス J2棟20階
               賛助会費:1,000円
OB・OGの皆さんは、こちらにもぜひご参加ください。

蔵前工業会神奈川県支部事務局 事務局長 竹山 幸成
E-mail kanagawa@t-kuramae.sakura.ne.jp