平成24年度 白星会(機械系同窓会)総会報告

サブタイトル
~総会で意見交換を~
概要
去る5月27日(日)、平成24年度白星会総会が、東工大蔵前会館(大岡山) で開催された。今年は、第1回ホームカミングデイとの併催で、大学主催の特別講演会・パネルディスカッション・全学合同交流会の間に時間を設定し行われた。総会参加者は72名であり、議事の内容は下記の通り。
究会、機械系教員と連携した学生支援活動等の報告があった。総務部会からは、会員名簿整備の着手と、同名簿作成への会員の支援依頼の報告があった。最後に、奨学金受賞者(機物/申鉉眞君)の紹介と受賞者から感謝の言葉があった。決算報告では、繰越金額適正化がほぼなされたとの報告があった。

 

(2)平成24年度活動計画:長嶋新会長

 新会長からは、会員名簿・連絡網の整備への全員参加の取組み、年代を超えた会員相互の親睦の活性化、学生支援活動の継続等の活動計画の説明があった。各部会長からは、活動の更なる活性化計画の説明があり、予算・新体制が承認された。

 総会後の懇親会は、全学合同交流会の中、白星会エリア(参加者約100名と全学最大)で開始されたが、時間が進むにつれ、幅広い交流が進み大変楽しいものとなった。今年度も白星会活動への皆様のご理解と、各種行事への積極的ご参加をお待ちしています。

文責 白星会総務


2012-1.jpg

東工大蔵前会館くらまえホールにて