卒業50周年記念同期会2017

■ 昭和42年学部卒、昭和44年修士修了の皆さんへ

今年は昭和42年学部卒業生にとって卒業50周年の節目の年にあたります。これを記念して全学同期会の開催を計画しています。詳細は後日各学科幹事から個別に案内が送付されますが、出席のご予定を頂きたく、その概要をお知らせ致します。

名  称

卒業50周年記念同期会2017

対  象

昭和42年学部卒業生、及び同時期に学んだ卒業生

(S38入学者で卒年の異なる方もご参加下さい。)

昭和44年修士課程修了生、及び同時期に学んだ修了生

開催日時

平成29年11月18日(土) 11:00 ~ 16:00 (予定)

開催場所

講演会:大岡山キャンパス西講義棟1(旧西5号館) レクチャーシアター
懇親会:東工大蔵前会館(大岡山駅前)1F くらまえホール

会  費

8,000 円 (所定期日までに銀行口座振込み)

講演会

(11:00

  -12:00

「陽子崩壊とニュートリノ ~ 意外?な 演示実験を交えて ~」

講師の渡邊靖志 東工大名誉教授は、(スーパー)カミオカンデでの研究でノーベル物理学賞を受賞された小柴昌俊氏,梶田隆章氏と共同で研究を行ってきた同期生(物理)です。

懇親会

(12:30

  -16:00

三島学長祝辞/石田理事長挨拶を皮切りに、学科の枠を超えて50年振りに再会する1年次の「い」、「ろ」、「は」、「に」、・・・組のメンバーやクラブ活動の仲間達と懐かしく、賑やかに懇談/交流する立食式パーティーです。尚、懇親会からの参加も可です。

参加申込み

各学科幹事から個別に案内が送付されますので、学科幹事を通じて参加をお申し込み下さい。

代表幹事

(正)田村吉隆(応化)、(副)平塚芳隆(電気)

尚、本件に関するお問い合わせは事務局担当:吉松 akyoshima[at]jcom.home.ne.jp ([at]は@に置き換えて下さい)へお願い致します。

 

✱ 講演概要:カミオカンデ,スーパーカミオカンデの活躍により,遅れていた素粒子実験物理学分野でも世界に誇れ
る成果が挙がり始めた。「ダイヤモンドは永遠なのか」(物質の安定性を問う陽子崩壊の探索),超新星爆発からの
ニュートリノの初観測,ニュートリノ質量の発見という浮世離れ?した基礎物理学の進展・成果と今後,および,その
意義について,意外?な 演示実験を交えて楽しく紹介されます。

✱ 懇親会場でのアトラクション:「弦奏JAPAN」によるバックグランドミュージック、くらりかのデモンストレーション、シュワル
ベンコールOBによる斉唱