はじめに

2014年関東大学リーグ戦・戦歴績概要

spt011-15x15.gif 東工大準優勝を成し遂げる(2014/10/26)
東工大は10月26日、文教大学との決勝戦で55対101で敗退しました。関東学生バスケットボール連盟5部58校の頂点は逃したものの、堂々の準優勝を成し遂げました。 文教大学との点差は開きましたが、実力的には大きな差はなく、それだけに現役チームの口惜しさは一方なるぬものがありました。「現役の悔し涙にもらい泣き」
しかしながら、リーグ戦の1次リーグ、上位リーグそしてトーナメント戦通じ決勝戦まで10戦全勝と大健闘し、何より入れ替え戦をせずに4部昇格を達成してくれました。 練習試合で大敗したチームや、大敗したそのチームを破って勝ち上がってきたチームを東工大チームは、堂々と撃破してここまでやってきてくれたとの感動と 口惜しさとがない交ぜとなって目頭が熱くなった応援席の同窓生は一人ではなかったようです。
皆様には現役の活躍に祝福をもって今後とも見守り、応援をしていただきたく存じます。
芝工大に勝利し(2014/10/25)優勝をかけて文教大と対戦します
既に4部昇格を決定している東工大は10月25日芝浦工業大学と対戦し、91対76で勝利して、 10月26日(日)の決勝戦に臨みます。相手は東工大の隣のコートで防衛大学校に81対69で勝利した文教大学です。 10月26日の東工大の試合会場は、帝京平成大学池袋キャンパスにおいて15:30からです。 なお、試合開始時間は、変更もあり得ますので現役からのメールがある場合は確認ください。
戦績、4部昇格の仕組み、会場へのアクセス法など詳細は以下のリンク先からご覧ください。

詳細な戦績はこちらから
現役5部決勝トーナメント第2戦で4部昇格が確定(2014/10/19)
東工大は5部決勝トーナメント(入れ替えチーム決定トーナメント)第2戦千葉商科大学に109対45の大差で勝利し、 5部4位以内を確定して4部昇格が決定しました。 皆様の応援に感謝いたします。なお、現役チームは10月25日(土)から5部優勝に向けた試合に臨みます。
10月25日・26日東工大の試合会場は、帝京平成大学池袋キャンパスです。 また、試合開始時間は、変更がよくありますので現役からのメールなどで確認ください。
戦績、4部昇格の仕組み、会場へのアクセス法など詳細は以下のリンク先からご覧ください。

詳細な戦績はこちらから
現役5部決勝トーナメント第1戦快勝(2014/10/18)
東工大は5部決勝トーナメント(入れ替えチーム決定トーナメント)に進出し,第1戦東京都市大学に快勝し第2戦に進みました。(10/18)
なお、この入れ替えチーム決定トーナメントの結果、1~4位は自動的に4部の下位4チームと入れ替え、 5~8位に入ると4部のチームと一回戦勝負を行い勝利すると4部に昇格します。詳細は以下のリンク先からご覧ください。

詳細な戦績はこちらから
spt011-15x15.gif 現役2014年2次リーグ1位で5部決勝トーナメントに進出(10/12)
東工大は関東リーグ5部渋谷エリアのAブロックの1次リーグ5戦全勝の一位で5部上位リーグに進出し、 目白大学に引き続き立正大学にも勝利して5部上位リーグ(2次リーグ)1位を勝ち取りました。 これにより5部決勝トーナメント(入れ替えチーム決定トーナメント)に進出しました。(10/12)
詳細な戦績はこちらから
spt011-15x15.gif 現役2014年1次リーグ全勝トップで5部上位リーグに進出(10/4)
東工大は10/4(土)強豪立正大学に勝利し、関東リーグ5部渋谷エリアのAブロックにおいて5戦全勝の一位で5部上位リーグ戦に進出しました。 1次リーグ上位3チームによる上位リーグ戦が開始され、東工大はその第1戦目、目白大学に勝利しました。(10/5)
詳細な戦績はこちらから
2014年関東大学リーグ戦は9/6東工大初戦大勝で始まった。
東工大は9月6日の東京未来大学、9月7日の高千穂大学に大勝し、幸先のよいスタートを切りました。