祝勝会mainに戻る

141123-kasumigaswki-yakei-tr1-480x200.jpg

祝勝会のご案内

東工大バスケットボール部は、5部渋谷Aリーグ全勝で決勝トーナメントに進出し、その第2戦に勝利して4部自動昇格を決めました。決勝戦では、惜しくも優勝は逃したものの、5部58校中第2位の成績を残しました。
この快挙を祝し、祝勝会を下記のとおり開催いたします。師走に入りお忙しいことと存じますが、万障お繰り合わせの上ご出席頂きたくお願い申し上げます。

現役チームは、簡単ではなかったこの勝利までの過程を、映像などを用いてご披露すべく皆様のお越しをお待ちしております。

日 時:2014年12月7日(日) 18:00~20:00
場 所:霞が関ビル 東海大学校友会館(35階) アクセスはこちらから
会 費:7,000円
申込先:
titbsk_shukushoukai@mbr.nifty.com 宛 (11月30日(日)までご連絡ください。)
寄付のお願い:
1口5,000円としますが1,000円からも受付けます。(12月1日(月)までに「ホームページ更新のお知らせメール」記載の口座まで振込ください。)

  (祝勝会担当幹事:小関伸夫、山本文雄)

成果を喜んでくれる人がいて強くなれる。
強くなるのは試合だけではありません。勉学に励みながらハードな練習を重ね、関東大学バスケットボール連盟リーグ戦で自動的に4部昇格を果たす快挙を成し遂げました。 心身ともに成長著しい年代の現役の諸君が、祝勝会にご参加された皆様から直接お祝いされ、喜んで頂けるお姿に接したらどうでしょうか。きっと大きな感銘を受け、精神的にも強く良い影響を受けるに違いありません。ぜひ、12月7日には霞が関ビル35階に足を運んで頂きたくお願いいたします。

現役チームはリーグ戦で突然強くなったのでしょうか。

PA260647edited-21.jpg

準優勝することは素晴らしく、部活動としても大きな成果をあげましたが、 自分たちが、どうして試合で強くなれたかを分析し、良いところを伸ばし、課題を修正してゆくことは更に大切です。
現役が今行っているこの整理を、祝勝会で映像やインタビューを交えて紹介してもらいます。
現役自身の分析の一端を聞くと、試合ごとに4年生全員がゲームのビディオ見ながら改善点を摘出し、練習で修正する地道な努力を続けたにもかかわらず、勝てなかった。悩みながらもあきらめないで戦術の転換を図り、最後は4年生の背中を見てきた下級生も一丸となった団結力により強さを発揮できるようになったようです。
PDCAサイクルを回していますね。それだけではなく団結力を手に入れることを学びました。当日をお楽しみに。
(写真は、決勝文教大学戦で豪快にシュートを決める4年野口君)
コーチ、監督からのお話も楽しみです。

35階の夜景が祝賀ムードを高めます。
141122top_image03r1_400x160.jpg
霞が関ビルは日本で最初の高層ビルです。今回の会場は、一般の人がアクセスできる最上階の35階にあり、特に夜景は素晴らしい。
今回の祝勝会は、現役チームの主要メンバーのご都合が良く、また、この日は、新現役チームの試合が千葉県習志野市の千葉工業大学であり、時間的に夕方からの会となりました。
大岡山の蔵前会館は祝日のこの時間は対応できないため、幹事一同あちこち当たり、現役の帰りにも都合よく、祝賀ムードも高まり、更に祝祭日であるがゆえにリーズナブルに開催できる東海大校友会館にお願いしました。ぜひ、皆さまも、夜景と当日のイベントと交流をお楽しみください。

選手、修士在学生を無料で招待するため、若干会費が高めですが、更に多くの同窓会の皆様に寄付を募りたいと思います。寄付金は選手、修士在学生の参加費に充て、余ったときは2012年の祝勝会同様、現役チームの皆様の今後の活躍に資する記念祝賀金給付に充当いたします。なお、祝勝会への参加/不参加に関わらず今回の快挙に対する寄付を是非ともお願いいたします。1口5,000円としますが1,000円からも受付けます。寄付いただいた方のお名前は祝勝会でお名前を公表すると共に、同窓会ホームページに掲載いたします。なお、ホームページ記載を希望されない方は予めご連絡ください。