会員部会

部会メンバー
部会長 鈴木 登夫 業務執行理事 S44電子
  井口 政明 理事 S44応化
  佐野 泰久 理事 S47修応物
  竹山 幸成 理事 S45機
  鈴木 康志 業務執行理事 S46応物
  土屋 清美 理事 S57応物
運営委員 吉松 明   S42応化S44修化工
  石井 彰三   S43電S45修電S48博電
  坪田 賢亮   S43金S45修金
  青柳 宏   S44機S46修機
  宇高 克己   S45応化S47修化工
  金島 正治   S46建S48修建S51博建
  堀江三喜男   S51機S53修機
  林 ゆう子   S57化S60修化
  本房 文雄 業務執行理事・事務局長 S43電子
1. 基本方針
 (1)法人経営基盤の安定化
 (2)支部活動活性化の支援
 (3)大学連携と学生支援の強化
2. 基本方針に沿った具体的な活動方針
2.1 法人経営基盤の安定化
 (1) 会員管理システム及びHPの活用(ネットワーク部会と連携)
  ・支部並びに学科別同窓会の会員情報と会員管理システムデータの照合・更新・供用開始
   (支部へは支部長会で周知徹底、学科別同窓会は大学改革に伴う変化への対応要)
  ・支部HP作成支援
 (2) 会員組織化の推進と活動基盤の確立
  ・卒20、30、40、50周年全学同期会の開催継続支援
  ・卒業後20周年までの間の全学同期会のあり方について検討
   (入学後10周年全学同期会を目指す動きもあり、今後も学生分科会と連携要)
  ・上記以外の全学同期会の自発的開催の動きもあるので、それらを前向きに支援
  ・支部内若手の会の活動支援 (燕友会)と見直し(平成卒の会と燕翔会の連携など)
  ・くれない工業会の活動促進と支援
   (名簿活用による蔵前各種イベントへの女性の参加、女子高校生向けオープンキャンパス支援、東工大テクノガールズの活動支援)
 (3)収支バランスシミュレーション
  ・昨年度実施した結果、当面は財政の健全性は維持できるとの結論。これを踏まえ、今後は年1回の収支バランス見直しを定例化
  ・学生10年会費会員から正会員への切替え率は、現状7%程度。この比率を改善するための施策検討
  ・学生終身会費導入に伴う支部会費収入減に関連し、支部会費及び支部支援金のあり方について検討
  ・学生終身会費を現状の10万円から値上げすることの要否を検討継続
  ・卒50年で終身会員へ移行した会員からの支部会費徴収は、本部会費同様に先5年分の支部会費一括納入を支部規程に明記(完了)
  (4)東工大・蔵前ゴールドカード会員の増強
  ・学生カードから正会員カードへの移行を含む蔵前カードの継続に係わる諸問題の検討
  ・卒業時PR活動強化による「学生カードからの移行」推進活動の継続
  ・ホームカミングデイ、支部総会、卒20周年全学同期会などでの勧誘継続

2.2  支部活動活性化支援
 (1) 活性化のための施策
  ・蔵前理事・監事及び学長/副学長の支部総会への出席継続
  ・支部長会で科学技術セミナー、くらりか、隣接支部間連携等の好事例を積極的に紹介
 (2) 休眠支部、不活性支部へのテコ入れ
  ・本部役員及び大学幹部による働きかけと支援 (休眠:香川県支部、不活性:山梨県支部)

2.3 大学連携と学生支援の強化
 (1) 従来の学生分科会活動に加え、類幹事活動の定着、卒20周年未満の全学同期会幹事候補生の育成
  ・類幹事活動として先輩との交流会開催、手作りオープンキャンパスなど
 (2) 大学アドミッションセンター活動への協力
  ・地域進学校、女子高校生への東工大受験勧誘支援
 (3) 新入生歓迎会
  ・大岡山・すずかけ台の両キャンパスで開催継続
 (4) 学生の就職活動支援
  ・蔵前就職情報交換の集い(K-meet/K-meet-II)、仕事とキャリアセミナー、くらまえアドバイザーによる就職相談の実施継続
  ・学生支援課、IIDPとの密な連携の継続
  ・K-meet、K-meet-IIの開催期日、開催期間、参加企業等の吟味・検討