編集部会

部会委員
部会長 関山 定男 業務執行理事 S46金S48修金
副部会長 笹島 和幸 運営委員 S51生機S53修生機S57博生機
メンバー 竹内 敬三 理事 S47化工
  森川 淳子 理事 S62有機H1修有機H09博有機
  吉松 明 運営委員 S42応化S44修化工
  坪田 賢亮 運営委員 S43金S45修金
  関口 秀俊 運営委員 S60化工S62修化工H02博化工
  柳田 保子 運営委員 H02生物H04修生物H7博Bテ
  會田 和史 運営委員 H04社H06修社
  城戸 陽 運営委員 東工大事務局
  塩原 美守 学生委員 修士2年
  南 和樹 学生委員 学部3年
  本房 文雄 業務執行理事事務局長 S43電子
  山崎 七生 事務局 会誌編集・広報担当

2.全体方針
 1) 基本的には従来の編集方針を継続する。
 2) ジャーナルの購読者の視点に立った、より喜ばれる内容への進化を目指し、チャレンジを継続する。
3.会誌発行と内容
 1)会誌発行は従来通り年6回とする。
 2)従来同様に、現在のカラーページ率(75%)・紙質を維持し、一方で印刷費用をアップさせないよう編集努力を継続する。
 3)海外で活躍するOB/OG、学生会員、母国に帰国した海外卒業生などを含めたグローバルな話題を充実させ、幅広い読者に配慮した内容とし、その質の向上に務める。
 4) ジャーナルの蔵前工業会HPへの掲載をタイムリーに行うと共に、掲載内容の充実を図る。
      また、紙面に蔵前に蔵前工業会へリンクさせるQRコードを追加し、蔵前工業会HPの認知度向上に貢献する。
4.その他
 1)巻頭言の紙面作成に関する取り組みを行う。
   ① インタビュー対象は、向こう1年間を目処に、事前検討、依頼を行うことで、計画的な紙面づくりに繋げる。
   ② 巻頭言のインタビュアーは、該当者の専門分野、所属する業界の動向に詳しい人を加えることで、内容の更なる充実に繋げる。
   ③ 巻頭言のインタビュー構成をガイド化することで、ノウハウの蓄積、共有化を図る。
   ④ 従来の顔写真を中心とした掲載写真の充実を図る。
 2)目標金額等のガイド設定を行い、広告を広く募るための活動を検討する。
 3)過去の蔵前ジャーナルの電子化について大学と協議しつつ検討する。